スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ド真ん中が一番ではない。(中1数学;正負の数)

タイトルでピンと来たアナタは
けっこうな遊び人ですな。

そうです。これです。
最近はお店も増えてきましたね。
110113_1806~001
これは私の部屋にある、
電子式のダーツボードです。
ヒットしたときの音が
あまりにもうるさいので使っていませんが。

麻素材の本物もあるんですけど、
引越しのとき行方不明に。
どこに入れたっけかなあ。

ハマっていたのは、学生時代です。
友人の家で一晩中やってました。
んで、早朝ボーリングへという、
健康的なんだかどうなんだか。

私もルールを教わるまでは、
ド真ん中(ブルというそうです)が
一番点数が高いと思っていました。
だって、入れるのが一番難しそうですもんね。

しかし、そこは50点。
その周りのとこ(暗くて見えませんが)が25点。

50点より点数の高いところは
4ヵ所もあります。
もちろん、1~20までのとこにささったら、
そのままの点数になるですが、
一番外側の細いとこは、ダブルといって
2倍の点数になります。

そして、よく見ると、内側にも同心円があって、
やっぱりスペースがあります。
そこが、トリプルといいまして、
3倍の点数になるんです。
ですから最高点は、
20点のとこのトリプルで、60点です。

したがって、当然いつもそこを狙うことになりますよね。
両側が1点と5点なのがニクいですな。
ちょっとずれたらとても低い点数になります。

ゲームは一人3本ずつ投げて、
ゲームの種類はいろいろあるものの、
301点や501点から、得点をどんどん
引き算をしていって、
早く0点にした人が勝ちです。

したがって、自分の番で20のトリプルに
3本とも入れば、一気に180点を
減らすことができます。
CSなんかでプロの試合を観てると、
うそみたいに60のトリプルに入ります。
スゴイなあ。

ところがですね。
とんでもないルールが存在しまして、
「最後はダブルで終わらなければならない」
んです(そうじゃないルールもあります)。

ということは、
たとえば81点残っていたとすると、

20のトリプルで60点→残りは21点
1のシングルで1点  →残りは20点
10のダブルで20点 →ちょうど0点で終わり!

てな具合いです。
で、最初に失敗して5点のシングルに入っちゃった。
残りは76点ですから、今度は、
20のトリプルで60点引いて
残り16点ってことは、
8のダブルでちょうど0!

もちろん、もっとよい取り方があるかもですが、
臨機応変にそうやって計算するんですね。
これが面白い。

これをですね。
1~20にしないで、
-10点~プラス10点にして
遊べないかなあってのが
今回のアイディアです。
もう、どなたか実践されてるかもしれませんが。
もちろん、真ん中は0点、
あれ、そのまわりは何点にしましょ。

imiasdsoirajirh.jpg
超有名店ベスト3のうち、
一番かもしれません。
いつもえらい行列です。

まあ、普通においしかったんですが、
何か下唇と舌の先に残る味が
いまいちピンと来ないというか。
ちょっと気持ちを入れすぎて
食べたのがいけなかったかなあ。
接客や帽子などはよろしかったです。
ま、もう一度行ってみて
確かめて来ようっと。

ではまた。

※関連記事(よろしかったらお読みください。↓)

  『『ぬ!』(中1数学;正負の数)』
  『恐竜数合わせ(中1数学;正負の数)』





スポンサーサイト

テーマ : 算数・数学の学習
ジャンル : 学校・教育

『ぬ!』(中1数学;正負の数)

いえ、何、
タイムトライアルの時の、返事です。

たまに「百ます計算」や、やさしい問題で、
タイムトライアルをします。

んで。

普通に、できたら「はいっ!」ていう返事はつまらない。
なので、
一番「返事らしくない返事はなんだろう」ってことになり、
栄えある第1位に選ばれたのが、

『ぬ!』

でございます。

なので、子どもたちは、
問題を解き終えると、大きな声で手を挙げつつ、
『ぬっ!』
って叫ぶわけです。
私はストップウォッチ(100円の)を見ながら
『39秒!』とか叫び返します。

まあ、はっきりいって時間なんてどうでもいいんですけど、
何かテンションを上げて、目標意識を持たせたほうが
盛り上がるってだけです。

以前は、
返事として、早口言葉を言うってのもやってました。
これ、笑えますよ~。

問題を解き終えたら、
『新春シャンソンショー!』とか
『東京特許許可局!』とか。
あなた、上手に言えますか?

もちょもちょ言い直してるうちに、
後からできた子が逆転したり、
楽しいですよ。
早い遅いが、あまり気にならなくなります。

古今東西でやってたこともありました。
色の名前~とかにして、
「紫!」「さっき出た!」「え~!じゃあ灰色!」「よし45秒!」とか~。

今日、例の逆通知票の見てないやつを発見しまして、
素敵なことを書いてくれてたんです。

「先生は知らないと思うけど、
 みんな先生が大好きで、
 よく、黒板消しで、
 WE LOVE ○○○先生!
 って、黒板に書いてたんですよ!」

だって~。
うれしいじゃあござんせんか。

ま、一方で、
「数学がキライになりました・・・。」っていう
逆通知票も見つけまして。

落ち込む暇はないのだ。

ま、キライでもいいんだよってスタンスで。

よく考えたら、
私たちだって、
どの教科も全部好きって、ありえないですからね。

少しでも興味を持ってもらえるように、がんばります。
先は長いですが、
精進あるのみ。

100522_1211~001

・・・。久々に残念な一杯でした。
トマトラーメンって、やっぱだめだわ。

季節の変わり目、
みなさんお体にお気を付けくださいね。
では、また。

※関連記事(よろしかったらお読みください。↓)

 『恐竜数合わせ(中1数学;正負の数)』

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

恐竜数合わせ(中1数学;正負の数)


たーきーのブログ

いろいろ整理していたら、こんなの出てきました。


さいころを2つ振って、出た目のカードまたは、合計のカードを

裏返して、先に全部裏返したら、勝ちっていうルールだったような。


ですから、2と6で8だったら、1と7とかで、

1を消しとかないと、最後に1残ったら消せませんからね。

面白いのは、裏返せても、作戦で裏返さないでパスがありなところです。


で、まだ教材化してませんが、

これを、「-4から+4」までのカードにして、

さいころを「-2、-1、0、0、+1、+2」

にしたら、面白いのではないかと。

(もしかしたら、もはや実践なさってる方がいるやも知れませんが)


0が2つあるとこがミソで、

絶対値の等しいカードはリセットするっていうのが、

わりとすっと入るんじゃないかなあ。

どなたか実践をご存知でしたら教えてくださいね。


私は正負の数の分野は、「赤黒ゲーム」(トランプ)でやります。

あまりにも有名な実践ですけどね。

楽しいのがいいです。

除法がうまくいかないとかありますが、まあ、そこはそれで。

楽しくてわかっちゃえばいいと。


                    ☆


ちなみにたかたで買ったカメラは、オリンパスサービスセンターに

持ち込んだにもかかわらず、

たかたさんへ返送して、交換してもらってください、だそうです。

ああ、そうですか。私は運が悪かったんですか。

私はただ注文しただけなのに、なぜこんなに苦労しなくちゃいけないのだ。

かかった時間と労力と電話代と駐車場料金は、

そして何よりこのやりきれない気持ちは、

どこにぶつけてよいやら。


ま、とりあえず、ジャパネットさんとオリンパスさん、

私は小さく不買運動します。いいよね。

GO!GO!タイガース!

大阪税理士が送る阪神
全記事(タイトル)表示
全タイトルを表示
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
2075位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
207位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
あなたの運勢は!?
ROCKとかPUNKとかBANDとかの点取り占い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。