スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『家裁の人』(教師必読書)

100530_1617~001

もう20年前の作品なんですねえ。

『家裁の人(毛利甚八 作 魚戸おさむ 画)』小学館ビックコミックス(全15巻)

残念ながら、
この仕事していると、
警察や児童相談所、鑑別所、裁判所、自立支援施設、などなど、
関わっていかなくてはならないことがあります。
そう多くはないですけど、
やはり辛いものはあります。

私の経験は詳しくは書けませんが、
少年院に通ったり、家庭裁判所の審判に立ち会ったり、
いろいろありました。

この作品は、
いろんなシステムを理解するのに役立ちました。
まあ、もっと大きいのは、
子どもたちが何故そういうことをするのか、ということを、
即断しないようになったことでしょうか。

「氷山の一角」って言葉がありますが、
私たちが子どもたちの行動を判断するとき、
その背景はほとんどわからないことが多いです。
基本的に、家庭内の事情には深入りできませんし。

けど。
やっぱり、家庭に原因があることの方が多いと感じます。
信じられないことが
何度かありました。
ドラマとか、メディアに出ていることより、
凄いこともいくつかありました。

この作品はモチーフとして、
植物を扱っています。

私の勝手な読みですが、
植物を育てるには、細心の注意が必要なこと。
でも、ほっといても育つ植物もあること。
その2つのせめぎあいっていうか、
微妙なバランスがテーマなのかなと思います。

よく観ること、感じること。
いろんな可能性を考えること。
あわてないこと。
そんなことを教わった作品です。

最後は、主人公の息子が不登校になるんですけど、
そこも参考になりました。
たぶん、学校なんて、
命を賭けて、行かなくちゃいけないところではないです。
私たちにしても、
教師なんて、命を賭けてまでする仕事ではないと思います。
自分の命のが大事です。
それを大事にできないのに、
他人を大事になんてできないですから。

余裕を持って、
子どもたちと接すること。
いつも心がけていることです。
心ない発言や、行動も、
そこに何かを見つけられるように。

現象だけではなく、
その背景を感じられるように。

いろんな方法で、
それがちょっぴりできたらいいなと思っています。
先週の金曜日は、
気になっていた2人の女の子を含めて、
5人で放課後おしゃべりを1時間ほど。
楽しかったなあ。

そしたら、
一番マークしてる子が、
友だち関係の悩みを相談してくれまして。
一応情報はつかんでいて、
どうしようか寝かせていたんですが、
嬉しかったなあ。
解決には結びつかないかもしれないけど、
そういうことを相談してくれた、
その信頼関係を築く一歩が
私たちを元気にしてくれます。

この仕事、
全員に好かれようとすると、けっこう無理があります。
けど、
一人でもあんたなんか嫌いっていわれると、
いくら大人でも哀しくなるわけで。

私の尊敬するある女性の先生。

「触んなよ!このくそばば~!
 お前なんかだいっきらいなんだよ!」

はい、あなた。
どう返事しますか?

特に、教師志望のあなた。
答えを決めてから、以下をスクロールしてください。
何時間、何日かかっても、答えを決めてから。

決めました?
はいではどうぞ。

これね。
とっさには出ません。
いつも、こういう気持ちでいるから出るんです。

たぶん、正解の答えです。

「あら、そう!
 でも、私、
 あなた大好きよ。」

こりゃあまいりました。
あの状況では、これはねえ。
いえません。

その後どうなったかって?

漫画みたいだから言いませんが。
ではまた。
スポンサーサイト

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

GO!GO!タイガース!

大阪税理士が送る阪神
全記事(タイトル)表示
全タイトルを表示
FC2プロフ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
1103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
100位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
あなたの運勢は!?
ROCKとかPUNKとかBANDとかの点取り占い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。